株を始める際に覚えておくべき金利との関係性

金利の動きと株の動きの特徴

株を始める際にはまず一般的な株の動きをしっかりと理解する事が重要です。例えば、株と金利の動きには特徴があります。株の値動きと金利の値動きは一般的に逆の動きをすると言われています。その理由としては、金利が上がれば企業が多くの利息を支払う事となり、企業内で活用できる資金が減り、企業活動が鈍くなってしまいます。そのため、金利が上がると株価が下がるといわれていますので、株投資をする際には金利の動きへも注目が必要です。

金利だけではない株への影響

金利が株価に大きな影響を与えますが、金利以外にも為替の影響も大きく受ける事になります。特にアメリカドルやユーロ等流通量が多い通貨の価値が下がれば、株価が下がる傾向にあります。日本の市場だけではなく、多くの企業が海外へ向けたビジネスを行っているため、世界全体の経済の影響が株価には大きく影響しますので、常に主要国を中心とした経済の動きを掴む事が重要です。ニュースや新聞等で最新の情報を取得する様にしましょう。

債券との関係性もチェック

投資を行う上で、一つの投資対象に限定するのではなく、いくつかの投資商品を購入する事で、分散投資が可能です。債券の金利が下がれば、債券の運用から株への運用へ切り替える人が増え、結果的に株価が上昇する傾向にあります。つまり、株と債券へ投資する事で分散投資が可能となっています。分散投資はリスクヘッジに繋がり、お互いの値動きを補完しあう効果が期待できますので、ポートフォリオをしっかりと管理しながら運用をして行きましょう。

株の信用取引の金利の比較方法を理解することで、短期間のうちに仲介業者のサポートを利用することが可能となります。