人気急上昇中!日本の不動産投資信託であるJリートとは

Jリートって何なんだろう

Jリートは、ジャパンリアルエステイト・インベストメントトラストの略称で、日本における不動産投資信託を意味します。投資信託とは、証券会社などにお金を預け自分に代わってプロに運用をして貰い、一定の分配金を受け取れる金融商品のことです。つまり、Jリートは多くの出資者から預かった資産を、不動産運用によって増やしていく金融商品と言えるでしょう。Jリートは社債などと同様に証券化されているので、取引市場で何時でも売買が出来ます。つまり現実の不動産と違って極めて高い換金性を持ちます。

基本な仕組みはどうなっているのだろう

日本における不動産投資信託を指すJリートは、不動産運営のプロが携わっている法人への出資、その法人による不動産購入、その不動産から入る賃料などの回収及び分配の4つで成り立っています。要するに個人ではほぼ購入出来ない都心の商業ビルなどを皆で集めたお金で購入し、その収入を分け合う仕組みです。具体的に不動産運営のプロとは、不動産関係の案件に多く携わってきた弁護士や会計士、不動産鑑定士などを指します。いずれも高度な知識を持つ専門家ばかりなので安心ですよね。出資者に分配される利益からは、二重課税を回避するために家賃収入などから必要経費のみが差し引かれます。

Jリートならではの利点とは

Jリートならではのメリットのひとつが、高い利回りを得られることです。マイナス金利時代における銀行預金の利息は、いまやほとんどゼロに等しいですが、Jリートの利回りは平均5%前後もあります。もちろん預貯金とは違い元本は保証されていませんが、不動産を扱う投資信託なのでリスクの低さは折り紙付きです。個人が不動産運営をすることは大変です。たとえば小さな賃貸アパートの運営ですら、空室状況の管理や家賃の回収や修繕などやることが沢山あります。ですがJリートなら、そのような面倒な部分を専門家に丸投げ出来るんです。利益率は多少下がるものの、個人で不動産を購入するよりはずっと安全といえるでしょう。

j リートのファンドとは東証RIET指数以上の投資成果を目標とするj リートへの投資の事です。三井住友トラスト・アセットマネジメントにより運用されています。