思った以上に役に立つ?税理士を使うメリット

節税対策のアドバイスをくれる

税理士を使うメリットで一番大きいものは、節税対策について効果的なアドバイスをくれるところでしょう。法律や会計に詳しくない人が確定申告をすると、どうしても無駄が出てしまいます。控除のことについても、使えるものを無視して確定申告をしてしまうケースがあるわけですね。そうした場合は、払わなくていい税金を払ってしまう結果になるわけですから、これは非常に損なことです。税理士なら、何か使えていない控除があればアドバイスをしてくれて助かります。

追徴課税の心配もなくなる

素人が分からないままに確定申告をしてしまうと、上手く税金の処理が出来ないことも出てきます。勘違いやミスがあれば、修正申告をしなければならなくなります。また、修正申告で済まない場合も多いです。追徴課税が発生して、余計に税金を払わなければならないことも珍しくはありません。ですから、税理士に仕事を依頼する価値が出て来るのです。税理士さんなら、間違いなく処理をしてくれますし、後で税務署に文句を言われてしまうこともなくなります。

税理士報酬も経費として計上可能

ちなみに、税理士の先生に仕事を依頼したときの費用は、経費として計上できます。よほど特別なことを依頼しない限りは、基本的には税理士費用は全額経費に算入ができますから、高い値段がかかったとしても税金のことまで考えれば実はリーズナブルなこともあります。人によっては、税理士費用以上の得ができる場合もあります。しかも若手税理士さんなら、格安で仕事を引き受けてくれる可能性があります。月々数万円もあれば大丈夫なので、誰にでも利用ができますよね。

税理なら岡山の事務所にお世話になることで、誰しも複雑な税務上の処理をスムーズに行うことが可能となります。