相続税の注意点~3つのポイントを確認しておこう!~

マイナス面も相続することになる

相続税の支払いを考える場合、相続した金額に対して税金が発生するものです。相続額が大きくなればなるほど納税額も高くなるので、バランス良く相続することが大切です。このとき、遺言等の特別な指定がない場合、法律に従って分配されます。このとき、マイナス面、つまり借金等も相続することになるので、全体でプラスになるように相続することが大切です。しかし、これを利用することでマイナス面を帳消しすることができ、さらに相続税を抑えることも可能です。

誰が相続するのかハッキリさせる

相続税を考える前に、誰が相続するのかを確認する必要があります。この点についても、遺言等による指定がない場合は、相続するしないを選ぶことができます。相続しない場合は役所に届け出る必要があり、それを怠ると税金の支払いが命令される可能性があるので忘れてはいけません。相続できるものが何か、税金の支払いがどうなるのか、あらかじめ誰が相続するかをハッキリさせることで解決することができ、無駄な支払いを避けることに繋がります。

自分たちで判断せず、専門家に依頼する

相続税の計算は複雑で、素人では扱いにくい分野になっています。専門書や参考書をもとにしても良いですが、慣れていないため、ミスが発生する可能性があります。ケアレスミスによって余計に相続税を支払ってしまう、あるいは支払いが足りず、ペナルティで重税となる可能性があります。だから、この事態を避けるためにも専門家に相続相談すると良いでしょう。弁護士や税理士に依頼することで、相続がスムーズに進み、適切な額の支払いが可能になります。

多額の税金がかかることが多い相続税は、いかに節税するかが大事になります。そのため、相続税相談は、税理士に相談すると良いでしょう。